リビングは何畳が平均?平均の広さとその決め手について紹介!

投稿日:2024年02月12日

新築やリノベーションを計画中の方々は、自宅のリビングのサイズをどう設計するかという点に特に注意を払うのではないでしょうか。

リビングは家族が1日の大半を過ごす場所であり、そのサイズは快適な生活空間を左右する重要な要素です。

しかし、リビングを何畳にしたら良いのか迷っている方も多いことでしょう。

そこで、この記事では、理想的なリビングのサイズに関する平均的な指標や、サイズを決める際の考慮点を掘り下げ、最適なリビング空間の設計に役立つ情報を提供します。

 

□リビングの理想的な広さとは?平均は何畳?

 

リビングの広さに関する一般的な認識として、16~20畳が平均的な広さとされています。

この広さは、特に一般的な4人家族が快適に生活する上で適していると考えられており、日常生活に必要な家具、例えばダイニングテーブルやソファなどを配置したとしても、十分なスペースが確保でき、ストレスのない動線を保持できます。

一方で、リビングの広さを決める際には、単純に「平均的な広さ」を基準にするだけでは不十分です。

家族のライフスタイルやニーズ、そして将来の計画を考慮に入れることが非常に重要です。

例えば、家族構成の変化や趣味、在宅ワークの必要性など、ライフステージに合わせた柔軟なリビングの広さの考え方が求められます。

 

□リビングサイズに影響を与える主な要素

 

リビングのサイズは、単なる数値ではなく、生活の質を左右する重要な要素です。

そのサイズを決定する際には、さまざまな要因が関わってきます。

これらの要素を十分に理解し、全体的に考慮することで、機能的かつ快適なリビング空間の設計が可能になります。

それでは、リビングのサイズに大きな影響を及ぼす主要な要素を見ていきましょう。

 

*キッチンのタイプ

 

リビングのサイズは、キッチンのタイプに大きく左右されます。

例えば、壁付けのI型キッチンはコンパクトなスペースで済みますが、アイランド型のような大きなキッチンを設置する場合は、それに見合った広さのリビングダイニングキッチン(LDK)を必要とします。

キッチンのスタイルとリビングの広さは、互いに影響しあうため、キッチンの選択はリビングの計画において重要な検討点です。

 

*家具の配置

 

リビングのサイズを決める上で、家具の配置も重要な役割を果たします。

家具のサイズとそれに必要な動線を考慮する必要があります。

例えば、ソファやテーブル、ピアノなど、置く家具によって必要なスペースが変わります。

家具の配置計画を事前に立てることで、部屋全体のバランスを保ちながら、効率的で快適な生活空間を実現できます。

 

*世帯人数

 

家族構成、すなわち世帯人数もリビングのサイズに大きく関わってきます。

家族が多ければ多いほど、それぞれの活動スペースやプライバシーを確保するために、より広いリビングが必要となることがあります。

家族の人数やそれぞれのライフスタイルを考慮し、適切なサイズのリビングを選ぶことが重要です。

 

*建物の構造や工法

 

最後に、建物の構造や工法も、リビングのサイズに影響を及ぼします。

例えば、鉄骨造やRC造の場合は柱や壁の制約が少なく、広い空間を実現しやすいです。

一方、木造の場合は、構造上の制限により空間の広がりに限界がある場合があります。

そのため、建物の構造や工法を考慮し、リビングのサイズを計画することが重要です。

これらの要素を総合的に考えることで、快適で機能的なリビングを計画できますよ。

 

□広さを感じるLDKデザインの工夫

 

リビングの実際の広さはもちろん重要ですが、デザインの工夫によって、部屋をより広く感じさせることも可能です。

以下のポイントを考慮することで、限られたスペースを最大限に活用し、開放感のあるリビング空間を実現できます。

 

1:視線の流れを意識する

部屋の端から端まで視線が抜けることで、部屋が広く感じられます。

例えば、家具や収納を配置する際は、視線が通りやすいように計画し、部屋全体に広がりを持たせることが重要です。

 

2:窓の配置とサイズ

窓はリビングの広がりを左右する重要な要素です。

窓と天井の高さを揃えることで、部屋が外まで続いているような感覚を生み出し、より広く見せる効果があります。

また、外の景色を取り込むことで、部屋の広がりを強調できます。

 

3:家具の配置とサイズ

家具の配置とサイズも、部屋の広さを感じる上で重要な要素です。

部屋に合ったサイズの家具を選び、適切に配置することで、圧迫感を減らし広がりを感じさせられます。

また、家具の高さを揃えることで、統一感が生まれ、スッキリとした印象になります。

 

4:収納の計画

リビングの収納計画は、部屋の広さを感じるためにも重要です。

散らかった印象の部屋よりも、スッキリと片付いた部屋の方が広く感じられます。

使いやすい収納を計画し、部屋の中心部を開けておくことで、広がりと快適さを両立できます。

 

□まとめ

 

この記事では、理想的なリビング空間のサイズについて考察しました。

平均的なリビングのサイズは16~20畳とされ、家族のライフスタイルや家具の配置など、多くの要素がリビングのサイズに影響を与えます。

また、デザインの工夫によって、限られたスペースでも広く感じられる快適なリビングを実現が可能です。

リビングのサイズを決定する際には、これらのポイントを総合的に考慮し、家族のニーズに合った最適な設計を目指しましょう。

家族が集まるリビングはただの居住スペースではなく、思い出を作り、くつろぎの時間を提供する大切な場所です。

それぞれの家庭に最適なリビングのサイズを見つけ、快適で幸せな家庭生活を実現するための参考にしていただければ幸いです。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2024年2月12日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)