高断熱・高気密って何が良いの?

投稿日:2018年06月05日

高断熱高気密住宅とは、断熱材をすっぽりと家にかぶせるように張り巡らせ、空気が逃げやすい窓などを小さくしたり2重窓にすることで、外から寒い空気が入ってこないように、そして中であったかくした空気を外に出さないように施した住宅のことです。
また見えない箇所で空気が出入りしやすい箇所を、きっちりとふさぐことでその高気密高断熱性を高めている住まいのことを言います。

◎「断熱」とは?
文字通り「熱」を「断」つ機能であり、室内と室外のエネルギーを区切ることで
冬なら室内の暖かさを逃さないように、夏なら外の暑さが入らないようにすること。

◎「気密」とは?
家の隙間をできるだけ無くし、家の中と外の空気の交わりを断ち切り、一定の温度を保つことができること。

高気密ではない家は温まりにくく、底冷えし、花粉や有害物質が入り込んでいる可能性があります。


そこで高気密が必要な理由として

①省エネルギーで部屋の温度を快適にする

気密性が低いと夏は蒸し暑く、冬は寒い家となります。
冬は暖房をつけても、暖かい空気が屋根から外に漏れ、漏れた分だけ床下の冷たい空気が家に流れ込んできます。
夏は蒸し暑い空気が入ってきてしまうため、エアコンの回しすぎにより電気代がかさみます。
冷暖房に頼り過ぎなくても年間を通して快適な室温を保ちやすくなるため、光熱費の節約ができます。

②壁の中が結露することを防ぐ

冬の乾燥した外気に比べると、家の中は湿気が大量に発生しています。
そのため外壁や床などに隙間があると、隙間から湿気が壁の中や床下に流れ込んでしまい、壁の中が結露し柱を腐らせ、壁の中にカビを発生させてしまいます。家の腐食を防ぐため、隙間は可能な限り少ないというのがベストです。

③外気汚染物質の侵入を防ぐ

年々、黄砂やPM2.5、花粉など、健康を害する有害物質が増えてきています。
隙間の多い家では換気口にフィルターを付けても、隙間風に比例して微粒子状の汚染物質が室内に入ってきます。
隙間の少ない家は適正な外気フィルターを導入することで、外気汚染物質の侵入防止などができ快適性が良くなることが挙げられます。


では、断熱性能だけを重視して、気密性を放っておくとどうなるのでしょうか?

壁の内側にも結露は起こります。

冬の寒い朝などに窓ガラスや壁の表面が濡れている「表面結露」は住まいのトラブルとしてよく知られていますが、結露は実は壁の内部にも発生しています。
室内の水蒸気が壁の中に入りこみ、壁の外気に近い側で冷やされ、目に見えない「内部結露」となって、柱や土台などを腐食させる原因となるのです。
内部結露は目に付かないところで発生し、拭き取るなどの対処もできないため、住まいの健康にとって表面結露以上に厄介です。
内部結露がひどくなると、土台や柱、床などの構造材まで腐らせかねません。
木材に含まれた養分がたっぷりある壁の中は、木を腐らせる木材腐朽菌が好んで潜むところであり、短期間で繁殖する条件が揃っています。
柱や土台が腐って建物に必要な強度が失われると、住宅の寿命は著しく縮んでしまいます。

結露防止の観点から「高断熱」にする場合には、必ず「高気密」もセットで行うことが必要です。

住宅の気密化の最大の目的は、気を腐らせてしまう「内部結露の防止」なのです。

2018年6月5日 投稿|     
ページトップへ