間取りを考える際の大切なポイントやルールを紹介します!

投稿日:2022年11月21日

皆さんは間取りを決める際の基本ルールや手順についてご存じでしょうか。
ある程度は知っていたとしても、詳細について知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、間取りのデザインを考える際に知っておくべきルールについて紹介します。
家づくりをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

□間取りを考える際の基本ルールを紹介!

 
最初に失敗しないために知っておくべき間取りを考える際の基本ルールを紹介します。
 
まずは、家族構成を考えることです。
その家に何年住む予定なのか、夫婦なら子供は何人になるかなど、細かいところまで考えましょう。
それによって必要な部屋の数や大きさが変わってきます。
 
次に、周囲の環境を考慮することです。
道路の方角や日が入る位置、近所とはどれくらい近いのかなどを確認しましょう。
環境によって、リビングや寝室の位置、窓の位置などが変わってきます。
 
最後は、優先順位を家族と話し合うことです。
家族の優先事項によっては、間取りが大きく変わります。
 
例えば、高齢者と一緒に住むなら、バリアフリーに特化した間取りで高齢者の方の生活が1階で簡潔できるようにすることがおすすめです。
家族としっかり話し合い、どのような間取りにするのかを決めましょう。
 

□間取りの考え方の基本を紹介!

 
次に、間取りを考える際に知っておくべきことを3つ紹介します。
専門的な知識についても紹介しますが、これを押さえておくだけで納得できる家づくりができる可能性が高くなるので、ぜひここで身につけてください。
 
1つ目は、方位と縮尺のルールです。
家づくりでは、1つの図面をさまざまな関係者の方が見ます。
役所の人、材料屋、大工さんなど様々です。
 
そこで、重要なのが方位と縮尺です。
方位については、地図と同じで上が北です。
縮尺では、1/100のスケールがよく使われます。
1メートルなら1センチの長さで図面に描かれることが多いということです。
 
縮尺には、尺モジュールとメーターモジュールというものがあります。
尺モジュールは0.91メートルが基本単位で、メーターモジュールは1メートルが基本単位となります。
知識として覚えておくと、間取りの相談をする際に便利です。
 
2つ目は、家の外の配置から考えることです。
家をつくる時は、家全体を先に考えてから室内のデザインを決めます。
 
そのため、土地の形や周辺地域の特徴など、家の外の状況を知った上で、家の形・庭の広さ・駐車場など、外のものを先に決めます。
家の周りの環境を見て、家の形をどうするか、庭は何処に作るかなどを話し合いましょう。
 
3つ目は、大まかなゾーニングをすることです。
ゾーニングとは、簡単に言うと空間を分けることです。
 
例えば、「リビングはこの辺にしよう」「お風呂はこの辺にしよう」「玄関はこの辺にしよう」という感じで、大体の位置を決めます。
ゾーニングでは細かく部屋を分ける必要はありませんが、方角や住宅環境を考えながら、どのような間取りにするのかを大まかに図面に描いていきましょう。
 

□間取りを考える際の具体的な手順を紹介!

 
間取りを考える際のポイントを紹介したところで、間取りを考える際の5つのステップを紹介します。
 
1ステップ目は、大まかなゾーン分けをすることです。
家づくりを依頼する会社と相談しながら、大体の部屋の配置や大きさを考えましょう。
ここで全てが決定するわけではありませんが、次のステップの基本になるのでイメージは膨らませておきましょう。
 
2ステップ目は、部屋の位置を細かくレイアウトすることです。
寝室、子供部屋、お風呂などの間取りをどうするのかを決めていきます。
考えていくうちに、それぞれの部屋のサイズのイメージもつくでしょう。
 
3ステップ目は、将来のことを考えることです。
ある程度の間取りが決まってきたら、家族の将来のことを考えましょう。
 
1番よくあるのが子供の成長です。
子供が増える予定だったり、独り立ちする予定だったりと、それぞれ描く未来は違うでしょう。
家族と話し合い、将来に起きることを予測しながら、最終的な間取りを決めていきましょう。
 
4ステップ目は、収納スペースを考えることです。
部屋の間取りに捕らわれて忘れがちなのが収納です。
収納のスペースを間取りを考える際に決めることは、とても大切です。
仕事や趣味など、どのような物を家に置くのか、それに合わせてどのような収納が必要なのかを考えましょう。
 
5ステップ目は、窓やドアの位置、大きさ、種類を考えることです。
これらは空気の循環に大きく関わってくる部分なので、方角や空気の性質を考慮した配置にするようにしましょう。
少しおしゃれなデザインにして家にアクセントを付けるのもおすすめです。
 

□まとめ

 
今回は、間取りのデザインを考える際に知っておくべきルールについて紹介しました。
間取りを考える際のルールやポイントについて、ご理解いただけましたでしょうか。
家づくりをご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
また、間取りについて相談したい方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年11月21日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)