自由設計の家はどこまで自由?メリットや特徴も石川の業者が解説

投稿日:2019年06月12日

「自由設計の家を建てようかどうか悩んでいて、どこまで自由に決められるのか知りたい。」

「自由設計の家が良いと聞いたけれど、どこまで自分の希望を反映させることができるのだろう?」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

新しく家を購入される方の中には自由設計の家を検討される方も多くいらっしゃいます。

しかし、どこまで自由に物事を決められるのかということについてはあまり知られていないようです。

そこで今回は、自由設計の家をお考えの方に向けて自由設計の自由度について解説していきます。

 

□そもそも自由設計の家とは?

 

自由設計の家とは一体何なのでしょうか?

それは建築条件が付いた土地を購入して住宅を建てるというものです。

すでに建てられた住宅と土地を購入する建売住宅や、一から自由に間取りと設備を決めていく注文住宅とは異なるということは把握しておくべきでしょう。

 

□どこまで自由なの?

 

自由設計の家の自由度についてはハウスメーカーや工務店によって定義が異なってくるようです。

一般的に認知されていることとして言われているのが間取りを自由に決められるということです。

間取りに関しては変更することが認められているものの、他の設備に関しては指定されていると考えると良いでしょう。

自由度の感覚としては建売住宅と注文住宅の間と思っておくといいでしょう。

 

□自由設計のメリットは?

 

自由設計のメリットは程よい自由度にあります。

自分の要望を間取りに反映させることができるという点で建売住宅より優れていると言うことができますし、注文住宅より打ち合わせにかかる時間や労力が必要ありません。

自由度が限られている分、かかる費用も時間も軽減することができるのです。

プランによっては間取りを自由に決めることができたのに、金額が建売住宅と大きく変わらないということもあります。

 

□業者に相談してみることが重要

 

自由設計の家というのは業者によって定義が少しずつ異なってくることは先程説明しました。

そのため、業者に足を運んで実際に説明を受けてみるということが大切です。

 

□まとめ

 

今回は自由設計の家をお考えの方に向けて自由設計の自由度について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

この記事で紹介したことを参考にして自由設計の家を購入するかどうかを検討してくださいね。

住宅に関することでなにか分からないことや聞いておきたいことがあれば、ぜひ当社を含めた専門業者などにお問合せなどをしてみてください。

 

 

2019年6月12日 投稿|     
ページトップへ