石川で自由設計の家なら!子供にとって安心な間取りのポイントを紹介

投稿日:2019年06月06日

「自由設計の家を考えていて、子供にとって安心な間取りにしようとしているが決め方が分からない」

「自由設計の家を購入する予定だけど、小さい子供がいるから子供にとっても暮らしやすい家にしたい」

 

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

子供がいらっしゃるご家庭の場合、家を購入する際には子供にとって暮らしやすいかどうか、また安心できる家かどうかが気になるところですよね。

 

そこで今回は、自由設計の家をお考えの方で、小さい子供がいらっしゃる方に向けて安心できる間取りを決めるコツをご紹介します。

 

 

□子供にとって安心な住宅のコツ

 

子供が安心して暮らすことのできる住宅とはどのような住宅なのでしょうか?

ここでは子供にとっても親にとっても安心な生活を送るのに役立つコツをご紹介します。

 

*周囲を見渡せるキッチン

 

小さい子供がいると、子供を遊ばせながら家事をしなければならない場面が多くあるかと思います。

リビングで子供が一人で遊んでいるところを見守りながら夕飯の準備を進めたいという方にはオープンキッチンを採用することをおすすめします。

家族が集まって過ごす時間の多いリビングにいる子供とコミュニケーションが取りやすいキッチンの間取りを考えてみましょう。

子供から目を離さずに家事を進められると安心です。

 

*先を見据えた子供部屋

 

子供がまだ小さいときは完全な個室の子供部屋は必要ないかもしれません。

はじめは勉強や読書のスペースと遊びのスペースを一緒にしても良いかもしれませんが、成長するに連れてそれらのスペースを分けた方が良くなってくるでしょう。

そうなった場合に自由に仕切りを作れるように考えておくと後になってから便利です。

 

*廊下・階段

 

先程リビングが家族の集まる場所であるということは説明しました。

子供にとって安心な間取りを考える際にはリビングへの行きやすさに注目しましょう。

階段が2階から直接リビングにつながっていると自然とリビングに人が集まるようになりますよね。

また、廊下についてもリビングに出やすいように配置すると良いでしょう。

子供とのコミュニケーションが取りやすいような部屋の配置を心がけてみてください。

 

 

□まとめ

 

今回は自由設計の家をお考えの方に向けて、子供にとって安心な間取りのコツをご紹介しました。

この記事でご紹介したことを参考にして間取りや住宅に取り入れる工夫を考えてみてくださいね。

住宅に関することで分からないことがあれば、ぜひ一度専門の業者にご相談ください。

 

2019年6月6日 投稿|     
ページトップへ