石川で自由設計の住宅なら!子育てにて適した間取りを解説

投稿日:2019年05月11日

「自由設計の家を建てたいと考えていて、子育てに適した間取りを調べている。」

「自由設計の家を購入して子育てに取り組みやすい家に住みたいと思っている。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

小さい子供をお持ちの家庭なら子育てに適した家で快適な生活を送りたいと考える方も多くいらっしゃいます。

今回は自由設計の家をお考えで子供がいらっしゃる方に、子育てを意識した間取りについて解説していきます。

 

□リビングを中心とした間取り

子育てを意識した住宅を立てる際にまず注目するのはリビングです。

というのも、リビングは家族が集まる場所だからです。

子育てでは顔を合わせてコミュニケーションを取ることが重要なため、リビングの配置を考えることは必須と言えるでしょう。

どの部屋からも集まりやすく、家族が自然と集まるような位置にリビングを設け、過ごしやすい空間にすることが大切です。

 

□家事がしやすいように

子育てで大変なものとしてよく挙げられるのが家事です。

子供がいると家事も一層大変になるため、家事のしやすい間取りを考えることが必要と言えるでしょう。

具体的にはキッチンやベランダの配置です。

キッチンは料理や洗い物をしているときでもリビングにいる子供と会話できるようなデザイン、配置を心がけると良いでしょう。

また、ベランダについては洗濯物を干すときに苦労しないだけの十分なスペースを設け、動線を意識した位置に配置することをおすすめします。

 

□子供部屋

子育てをする家に必要なのが子供部屋ですよね。

子供が幼いときは開放的でどこからも目が届く安全な遊び場にしたいものですが、成長して大きくなるに連れてプライベートな空間にしていく必要が出てきます。

プライバシーを保護しつつも家族との交流がなくならないような場所に子供部屋を配置することが大切です。

また、意外と困る方が多いのが子供部屋の収納です。

小さいときはおもちゃなどの遊び道具、大きくなれば学校で使用する教科書や部活用具といったように、収納するものを意識して十分なスペースを設けるようにしてくださいね。

 

□まとめ

今回は自由設計をお考えで子供がいらっしゃる方に向けて子育てに適した間取りを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

自由設計の家を購入するからには、メリットを生かして家族構成に最適な家づくりを考えてみてください。

住宅に関することで悩んでいることや聞きたいことがある方は、ぜひ専門の業者に相談してくださいね。

2019年5月11日 投稿|     
ページトップへ