石川で自由設計なら!内装の色の選び方を解説します

投稿日:2019年05月27日

「自由設計の家を考えていて、内装をどのような色にするかで悩んでいる」

「家を新しく購入しようと思っているのだが、内装の色の選び方が分からず困っている」

 

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

自由設計の家を購入する予定の方の中には、内装の色を決めるのに悩む方が多いようです。

 

そこで今回は、自由設計の家をお考えの方に向けて、内装の色の選び方をご紹介します。

 

 

□部屋に開放感を持たせる選び方

 

内装の色を決めていくときに一緒に考える必要があるのが、部屋に開放感を与えるにはどうするかということです。

ご存知の方も多いかと思われますが、内装の色は部屋にいる人が感じる開放感に大きく関わってきます。

ポイントとして、床から壁、天井に向かうに連れて色を明るくしていくことを意識してみてください。

 

天井が高く感じられるという効果がありますよ。

天井が高く感じられることで部屋をより広く見せることができるのです。

 

 

□床やドアの色を考慮する

 

内装の色を決めると言っても、ドアや床、壁紙といくつかの要素が存在しますよね。

それぞれの色を別々に決めていくのではなく、お互いの関係性を意識して色を決めていくことでまとまりのある空間を作ることが可能になります。

 

無彩色やこげ茶色の床やドアにはグレーの壁紙を組み合わせることがおすすめです。

黄色や赤色の床やドアであればベージュの壁紙、白や黒の床であれば白系の壁紙を組み合わせると良いでしょう。

 

 

□一面だけ色を変えてみる

 

部屋をおしゃれに見せるコツとしてよく言われるのが壁の一面だけ他の面と色を変えてみるということです。

一面だけ濃い色にすれば奥行きの感じられる部屋になります。

反対に、一面だけ明るい色にすれば全体的に広い印象を受ける部屋になると言われています。

 

 

□サンプルや実物を確認

 

内装の色を決める場合に限った話ではありませんが、実物を見てからどのような色にするかを決めることをおすすめします。

紙面上の色と実際に見た色とでは雰囲気が違うことが多々あります。

そのため、自分の目で確かめて後悔のないようにしてくださいね。

 

 

□まとめ

 

今回は自由設計の家をお考えの方に向けて内装の色の選び方について説明しましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回の記事で紹介した内容を参考にして、これから住むことになる家の内装を考えてみてくださいね。

住宅に関することで分からないことや悩んでいることがあれば、ぜひ一度専門の業者にご相談ください。

2019年5月27日 投稿|     
ページトップへ