石川で注文住宅なら!申請方法や必要書類について解説

投稿日:2019年07月02日

「注文住宅を購入したいと考えているが、申請をしようかどうかで悩んでいる。」

「注文住宅を考えていて、申請の流れや必要書類は何かを知りたいので情報を集めている。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

注文住宅を建てる際には、申請や書類が必要になってきます。

しかし、そのことについて詳しく知っておられる方は少ないようです。

そこで今回は、注文住宅をお考えの方に申請や必要書類について解説していきます。

 

□注文住宅を購入する際に必要な申請と書類は?

 

注文住宅のような新築の住宅を建設する際には、様々な申請や書類が必要となります。

ここでは3つのポイントに分けて申請の中身を解説していきます。

 

*土地の契約時に必要な申請

 

注文住宅を建てる際にまず必要となるのが土地の調査です。

大抵の場合、不動産会社を通して土地の調査を申請し、土地の売買契約をむすぶ事になります。

ここでは身分証明書などの書類が必要となります。

土地の売買を済ませた後は、登記の書き換えを行うことになります。

 

*住宅の建築時に必要な申請

 

  •       住宅を建てる工事を行う契約を結ぶ際には「設計図書」「見積書」「約款」「契約書」の書類が必要となります。
  •       また、建築を進める際にはこれから建てる住宅が法律などの規則を守っているかを確かめる「建築確認申請」を求められます。

こちらも普通は業者を通して行うものです。

 

*住宅ローン

 

注文住宅を購入する方のほとんどは住宅ローンを組んで購入されると思います。

住宅ローンの審査には様々な書類が求められます。

先程紹介した土地や住宅の売買契約書、不動産の登記簿、本人確認書類などかなり多くの物が必要となるのです。

準備に関する詳しい説明は専門の業者に問い合わせてきちんと確認するようにしてください。

 

□事前準備や相談が重要

 

注文住宅を購入するには様々な手続きや書類、契約が必要となります。

購入を検討してから実際に住み始めるまでにはそれなりに時間がかかるため、事前準備や業者との入念な打ち合わせが欠かせません。

申請に関して分からないことがあれば、業者と相談して疑問点や不安を解消しておきましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は注文住宅をお考えの方に向けて申請や必要書類についての説明を行いましたが、いかがだったでしょうか?

この記事でご紹介した内容を参考にして、申請や必要書類の準備を進めてみてくださいね。

注文住宅に関して不安に思っていることや分からないことがあれば、ぜひ一度専門の業者にご相談ください。

2019年7月2日 投稿|     
ページトップへ