注文住宅建てるなら保証ってどれくらい付く?

投稿日:2019年04月21日

新築で家を建てる際は、様々な点に注意を払っておく必要があります。

しかし、多くの方は住宅を建てる経験が初めての場合も多く、分からないことも多いですよね。

今回は、あまり注目されないけれど非常に重要な“保証”についてどれくらいの年数と金額が貰えるのかなど詳しく解説していきたいと思います。

 

□注文住宅を建てる際の保証

注文住宅を建てる際は、その費用や、完成までの期間などには注意しますが、意外と保証については重視する方が少ないです。

しかし、どれくらい保証があるかということは、その家の品質の保証にもなりますし、実際その住宅などに欠陥が発生した場合に、保証をしてもらう必要があるため非常に重要なものです。

 

 

□注文住宅の保証の種類

注文住宅の保証には、保証期間は長いけれど10年目以降は有償というものや、保証期間は短いけれどその期間はずっと無料というものも存在するなど、どのくらいの保証がついているかどうかは本当にさまざまです。

 

□各メーカーの保証期間の相場

*へーベルハウス

へーベルハウスの基本耐久年数は60年であり、無料での保証期間は30年です。

*一条工務店

基本耐久年数は30年で無料での保証期間は10年です。

 

*セキスイハイム

基本耐久年数は60年で無料での保証期間は20年です。

 

*積水ハウス

基本耐久年数は50年で無料での保証期間は10年です。

*アエラホーム

基本耐久年数は10年で無料での保証期間は10年です。

 

□保証で失敗しないためには?

保証に関して失敗しないためには業者の選択の仕方が重要になります。

 

*保証期間は事前にきちんと確認する

そもそもですが、保証期間は確認しない人が多いです。

注文住宅を建てる際は、費用や工期だけでなく保証についても詳しく見ておきましょう。

 

*一括比較サイトを利用する

注文住宅を購入する際は、さまざまな業者を一括比較できるサイトを利用することも業者を選択する際に有効と言えます。

業者を選択する際には保証期間がどれくらいあるかも明記している場所もあるのでそちらが参考になります。

 

□まとめ

注文住宅の購入の際に“保証”は大変重要な意味を持っています。

それは住宅の品質保証であるというだけでなく、欠陥が出てきた場合でも、最悪の状況から救ってくれるものでもあります。

保証で失敗しないためには、最初に保証についてもきちんと確認しておくことと、一括比較サイトなどで業者を選ぶということが考えられます。

皆さんも今回の記事を参考にしていただき、注文住宅の購入を行ってください。

2019年4月21日 投稿|     
ページトップへ