注文住宅で予算オーバー?費用を削る方法を解説します

投稿日:2019年05月07日

「注文住宅を購入しようとしているが、予算が限られているのでオーバーしないか心配。」

「注文住宅を建てようと思っているけれど、予算オーバーの際はどうやって削ればいいの?」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

注文住宅は自由度が高いため、自分の好みの住宅が実現できますが、かかる費用が希望によって変わってきます。

今回は注文住宅をお考えの方に、予算オーバーした際の費用を削る方法を説明していきます。

 

□予算オーバーしたらどう削る?

注文住宅で予算オーバーしてしまった際に費用を削る方法をいくつかご紹介します。

以下でご説明することを参考にし、業者と相談して費用を決めてくださいね。

 

*総二階にする

外観のおしゃれさを重視して施工の際にかかる手間の多いデザインにすると通常よりもお金がかかるものです。

1階と2階の面積が同じで構造がシンプルな総二階の住宅にするほうが費用を抑えることができますよ。

 

*屋根のデザイン

一口に屋根と言ってもいくつかのデザインが存在します。

寄棟や切妻、片流れといったものがありますが、デザインによってかかる施工費用が変わるため、業者と相談して費用を抑えられるデザインにすると良いでしょう。

 

*外壁の面積

床面積が同じであっても間取りや構造が複雑だと外壁の面積が大きくなってしまいます。

予算がオーバーした際は、外壁にかかる費用や施工の手間を減らすような間取りに変更してみてはいかがでしょうか?

 

*設備のグレードダウン

家電やキッチン、トイレやお風呂といった設備のグレードダウンも費用の削減につながります。

必要以上に高いグレードを選んでいないかを確認してみましょう。

 

□予算オーバーしたときの注意点

予算をオーバーしたからといって、あらゆる面で費用削減を考える必要はありません。

外壁材のグレードダウンや断熱材のグレードダウンなど、住み始めてから後悔するような費用削減は行わないようにしてください。

「削るところは削って削らないところは削らない」ということを意識して予算の見直しを行うと良いでしょう。

予算の調整に関しては業者の意見も聞きながら満足の行く住宅を建てられるよう話を進めてください。

 

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて予算オーバーした際に費用を削る方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

注文住宅に関して悩んでいることや聞いておきたいことがあるという方は、一度専門の業者に相談してくださいね。

 

2019年5月7日 投稿|     
ページトップへ