家を建てる前に知っておきたい地震対策について解説します!

投稿日:2024年01月07日

家を建てる際に、多くの人が懸念するのが地震のリスクです。

地震発生時の建物の倒壊や、家族の安否確認ができなくなる事態は、誰もが恐れることです。

特に地震国である日本では、家を建てる前に地震対策を十分に理解し、適切な準備をしておくことが重要です。

この記事では、家ですぐできる地震対策や、家を建てる前に知っておきたい地震対策について解説します。

 

□地震はなぜ怖いのか?

 

*地震の予測不可能性

 

地震が怖い理由の1つは、その予測不可能性にあります。

突然起こる大地の揺れは、人々の日常生活に深刻な影響を及ぼすことがあります。

特に、建物の倒壊は最も深刻なリスクの1つです。

建物が倒壊すると、外壁が破壊され、ガラスが飛び散るなどの危険が伴います。

これにより、ケガをするリスクや、場合によっては建物の下敷きになり、命を落とす危険さえあるのです。

 

*地震による建物倒壊のリスク

 

建物が倒壊すると、その破片による怪我の危険性が高まります。

また、大きな揺れにより家具が転倒し、住人が下敷きになるリスクも存在するのです。

 

*地震による安否確認の困難さ

 

通信網がダウンすることで、携帯電話や固定電話が使えなくなる場合があります。

大規模な停電が発生するとインターネット接続も不可能になり、情報収集や連絡が困難になります。

家族と別の場所にいるときに地震が起きた場合、一時的に連絡が取れなくなることも少なくありません。

 

これらのリスクを踏まえ、地震対策をしっかりと行うことが、家族を守るためには不可欠です。

 

□家ですぐできる地震対策とは?

 

家庭でできる地震対策は、意外と多く存在します。

これから紹介する対策は、地震の際に家族を守るために非常に重要です。

以下では、すぐに始められる効果的な地震対策をいくつか紹介します。

 

1:家具の固定

 

地震による家具の転倒は大きな危険を伴います。

そのため、家具の固定は最も基本的で重要な対策の1つです。

特に、高さのある家具や、倒れると出入り口を塞いでしまうような家具の固定を優先しましょう。

家具固定具を使用することで、地震の際の危険を大幅に軽減できます。

 

2:飲料と食料の備蓄

 

大規模な地震が発生すると、ライフラインが断たれることがあり、飲料水や保存食の備蓄は、そうした状況に備え

るために重要です。

非常食は保存が利くものを選び、定期的に入れ替えることが大切です。

また、飲料水は1人1日3リットルを目安に、最低でも3日分は備蓄しておくことが推奨されます。

 

3:非常用持ち出しバッグの準備

 

地震が起こった際にすぐに持ち出せる非常用持ち出しバッグの準備も重要です。

このバッグには、飲料水、非常食、救急セット、貴重品、着替えなどの必需品を入れておきましょう。

非常用持ち出しバッグの準備は、いざという時に冷静な行動を取るためにも役立ちます。

 

これらの対策を行うことで、地震発生時のリスクを大幅に軽減できます。

 

□家を建てる前に知っておきたい地震対策とは?

 

家を建てる際に地震対策を考慮することは、家族の安全を確保するために極めて重要です。

以下では、家を建てる前に検討すべき、具体的な地震対策を解説していきます。

 

1:家の形状の検討

 

地震に強い家は、その形状に工夫がなされています。

シンプルな正方形や長方形の家は、地震の揺れに対して耐性が高く、安全性が向上します。

複雑な形状の家は、地震時の力が不均等に分散され、構造的な弱点を生み出すリスクがあるのです。

設計段階で地震対策を意識し、シンプルでバランスの取れた形状を選択することは、家族を守るために不可欠です。

 

2:基礎の強化

 

地震対策において、家の基礎の強化は不可欠なポイントです。

基礎がしっかりしていることで、建物全体の安定性が高まります。

 

特にベタ基礎はその面で建物を支えるため、耐震性に優れており、不同沈下のリスク低減にも繋がります。

また、地盤の強化も重要であり、地盤調査を行って必要に応じて地盤改良を施すことで、基礎の安定性をさらに高められます。

 

3:屋根の軽量化

 

屋根の重量は建物の安全性に直接影響しており、屋根が重いほど地震の揺れの影響を受けやすくなります。

そのため、屋根の軽量化により建物全体の重心が下がり、地震に対する安定性が向上します。

これは、特に高層階の建物において重要なポイントです。

 

また、耐震性を考慮した屋根材を選ぶことで、地震時の建物の安全性を高められます。

例えば、金属製の屋根材は、瓦屋根と比べて軽量であり、耐震性の向上に繋がります。

 

これらの対策を踏まえ、地震に強い家づくりを行うことは、家族の生命と財産を守るために極めて重要です。

地震対策を十分に理解し、安全で安心な住環境を実現しましょう。

 

□まとめ

 

今回は、家ですぐできる地震対策や、家を建てる前に知っておきたい地震対策について解説しました。

地震国日本において、家を建てる際に地震対策を考慮することは非常に重要です。

地震が怖い理由は、予測不可能な災害であり、建物の倒壊や家族の安否確認が困難になることにあります。

 

家庭でできる地震対策としては、家具の固定、飲料・食料の備蓄、非常用持ち出しバッグの準備などが挙げられます。

そして、家を建てる際には、家の形状、基礎、屋根の軽量化など、地震に強い構造を考慮した設計をすることが肝心です。

これらの対策を実施することで、地震の際にも家族を守ることができるでしょう。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2024年1月7日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)