家の外観を黒にするメリットとは?注意点や相性の良い色についても解説!

投稿日:2022年02月11日

「家の外観を黒にしたい」

「黒と相性の良い色は何色なのか」

このようにお考えの方は多いでしょう。

近年、黒色の外壁は人気があり、増えていますよね。

黒色の外壁は色の組み合わせ次第で高級感や独創性のある家に仕上がります。

そのため、今回は家の外観を黒にするメリット、注意点や相性の良い色をご紹介します。

 

黒色の外観の施工事例はコチラ→

 

□黒色の外壁のメリットをご紹介!

黒色の外壁のメリットは4つあります。

 

1つ目は、モダンで落ち着いた印象の外観になることです。

素材や家の形によってはクールで都会的な印象の家に仕上げられます。

また、落ち着いた雰囲気の家にも仕上げられます。

黒は洗練された重厚感や高級感があるため、家の外壁に使用することで家の特徴を高められるでしょう。

 

2つ目は、色や素材と組み合わせることでさまざまな表情を作れることです。

黒と白を組み合わせると、それぞれの色をより際立たせられます。

モダンな家に仕上げたい場合、よりモダンな印象を与えてくれるでしょう。

合わせる色味によって表情は大きく変化します。

そのため、モダンな印象よりもやさしい印象に仕上げたい場合、真っ白ではなく、ややグレーかかった色を入れると良いでしょう。

 

3つ目は、黒と木材や木目調の色を合わせることできれいな外観になることです。

黒は個性的で存在感の強い色です。

しかし、木目と合わせることで柔らかい印象の家に仕上がります。

そのため、落ち着いた印象の家にする場合は黒色の外壁に木目を合わせてみても良いでしょう。

また、木目の使い方で変化をつけられるため、モダンにしたり、和モダンにしたりしてみてください。

 

4つ目は、家全体のシルエットが引き締まって見えやすいことです。

「黒を外壁に使うと重たそうな印象の家になってしまう」と心配される方も多いでしょう。

しかし、黒は白と違って後退色であるため、重たい印象になりにくいでしょう。

そのため、家の形が大きく見えてしまう場合、白色の外壁にするよりも黒色の外壁の家にしてみてください。

 

黒色の外観の施工事例はコチラ→

 

□黒色の外壁の注意点をご紹介!

黒色の外壁の注意点は3つあります。

 

1つ目は、表面が熱くなりやすいことです。

黒色の外壁は、熱を吸収しやすく、表面が高温になりやすい傾向にあります。

そのため、夏場にお子さんが外壁に触らないように注意しましょう。

また、外壁の断熱機能が低いと熱さが室内温度にも影響します。

断熱性が低い家の場合、黒色の外壁にしない方が良いでしょう。

新築で黒色の外壁にされる方は断熱機能を十分備えた外壁にすることが大切です。

 

2つ目は、汚れや色褪せが目立ちやすいことです。

黒などの濃い色は色褪せや鳥のフンや砂埃などの特別な汚れが目立ちやすい傾向にあります。

そのため、色褪せや汚れを目立ちにくくしたい方は、以下の工夫をしてみてください。

・真っ黒ではなくグレーに近い黒にする

・塗り替えの場合は低汚染塗料を選ぶ

 

3つ目は、艶が目立ちやすいことです。

黒などの濃色は、淡い色の外壁よりも艶が目立ちやすい傾向にあります。

そのため、あまり塗った感じを出したくない方は、艶を抑えた塗料を選択することをおすすめします。

 

□黒色の外壁と相性の良い色の選び方をご紹介!

まずは、色を選ぶ際のポイントをご紹介します。

色を選ぶ際は、「ベースカラー(基本)」「アソートカラー(調和)」「アクセントカラー(変化)」という3つに分けて考えます。

ベースカラーとは、外壁全体の約70%を占める、配色の中心となる色です。

イメージを大きく左右します。

アソートカラーとは、外壁全体の約25%を占める、ベースカラーの次に大きく主役に近いイメージの色です。

アクセントカラーとベースカラーの間をとりもち、安定させる役割があります。

アクセントカラーとは、外壁全体の約5%を占める色です。

全体を引き締めたり、個性的な印象を付加したりする効果があります。

はじめは表現したいイメージの中心となるベースカラーを決め、アソートカラー、アクセントカラーの配色イメージを考えましょう。

そして、外壁を黒にする場合、ベースカラーを黒としてアソートカラー、アクセントカラーを考えます。

しかし、黒をベースカラーにせず、アクセントカラーやアソートカラーにすることで、また違ったオシャレ感に仕上げられるでしょう。

次に、黒色の外壁と相性の良い色をいくつかご紹介します。

結論から申し上げますと、黒は無彩色であるため、基本的にどのような色とも合います。

茶色やベージュと組み合わせることでアンティーク調の風合いに仕上がります。

また、白と組み合わせると、コントラストが強調されるため、インパクトのあるクールな印象に仕上がります。

 

黒色の外観の施工事例はコチラ→

 

□まとめ

今回は家の外観を黒にするメリット、注意点や相性の良い色をご紹介しました。

黒色の外壁は家の形や壁の素材、色の組み合わせなどによって印象は大きく変化します。

どのような仕上りにしたいかイメージを膨らませることが大切です。

何かお困りのことがありましたら当社にご相談ください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年2月11日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒923-0851
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)