家の外観を変える!「のっぺり」とさよならするデザインテクニック集

投稿日:2024年02月07日

家の外観は、その住まいの顔ともいえる重要な要素です。

特に総二階建ての住宅は、デザインの選択によって、見た目の印象が大きく左右されます。

しかし、建築の素人が家の外観にこだわりたくても、どのようにアプローチすれば良いのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、総二階建ての家の外観を引き立てるための失敗例と成功の秘訣について解説します。

これにより、外観がのっぺりとした印象にならないよう、洗練されたデザインのヒントをお伝えします。

 

□外観デザインの失敗例とは?のっぺりしないために

 

総二階建ての家の外観デザインは、失敗しやすいポイントがいくつか存在します。

まず理解すべきは、のっぺりとした印象でダサく見える主な原因です。

シンプルなシルエットであっても、ただ四角い箱のようにするとのっぺりとした印象になりがちです。

特にキューブ状のシンプルな総二階建てでは、この失敗がよく見られます。

以下のような失敗例がよくあります。

 

*安っぽくなってしまうこと

 

シンプルな総二階建ては、安っぽく見えやすいという罠があります。

外観デザインはシンプルさだけでなく、色選びやバランス、高級感のある外壁材の選択など、細かな工夫が求められます。

 

*隣の家とデザインが被る

 

総二階建ての家は多く、近隣の家とデザインが似てしまうこともあります。

同じデザインが並ぶと建売住宅のように見えてしまうため、カラーやシルエットにオリジナリティを持たせることが重要です。

 

*圧迫感がある外観

 

土地を有効活用しようとすると、外観に圧迫感が出てしまうこともあります。

特に狭小地での建築では、この点に注意が必要です。

圧迫感のある家は、実際の床面積より狭く見え、周囲からの印象も悪くなりがちです。

 

□総二階の家の外観を引き立てるコツ

 

のっぺり感を避けるための具体的なテクニックを紹介します。

これらの方法を取り入れることで、総二階建ての家の外観は一変し、洗練された印象を与えられます。

 

1:ツートンカラーにする

ツートンカラーの外壁は、のっぺり感を回避し、立体感を出すのに効果的です。

色の組み合わせや範囲を変えることで、スタイリッシュからナチュラルテイストまで幅広いデザインが可能です。

しかし、ツートンカラーの色選びや配色を間違えてしまうと、周囲から浮いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

2:窓でスタイリッシュに見せる

窓のサイズや配置は外観のイメージに大きく影響します。

特に引き違い窓は避け、スリットやスクエアなどスタイリッシュな窓を使うことがおすすめです。

窓の縦横比や配置を工夫するだけで、大きな違いが生まれますよ。

 

3:立体感のある外壁を選ぶ

凹凸や模様がある外壁材は、外観に立体感を与えます。

サイディングやレンガ、石材調など、高級感やナチュラルなイメージを生み出す材質を選びましょう。

 

4:玄関ポーチやバルコニーで装飾

玄関ポーチやバルコニーは、のっぺりとした外観に立体感を加えるのに役立ちます。

外観のワンポイントアクセントとして、これらのエリアに工夫を凝らすことが重要です。

 

5:おしゃれに仕上げる面を決める

コストの観点から、玄関や南側など目立つ面だけを特におしゃれに仕上げることも効果的です。

見えない面はシンプルにして、目立つ部分にコストをかけることで、全体の印象が大きく変わります。

 

6:外構で奥行きを出す

外構を工夫することで、外観に奥行きを演出できます。

アプローチや門扉、シンボルツリーなどを利用して、外観全体の印象を引き立てましょう。

 

□魅力的な外観デザインの実例紹介

 

さまざまなデザインスタイルの中から、魅力的な新築外観の実例を紹介します。

これらの例を参考にすることで、ご自宅の外観デザインに新たなアイデアを得られるでしょう。

 

1:コンパクトなモダンスタイル

ダークカラーと片流れ屋根を用いた、都会的なモダンスタイル。

ブラック、ホワイト、ブラウンをバランス良く配置し、奥行き感を演出できます。

 

2:ナチュラル&スタイリッシュ

直線的なモダンスタイルに、木目や石材調の外壁材を組み合わせることでナチュラルな雰囲気をプラスします。

玄関側の窓を控えめにし、スタイリッシュな印象を高めています。

 

3:落ち着きのある和モダン

ベージュの外壁にグレーを加え、和の雰囲気を感じさせる和モダンスタイル。

砂利敷きのアプローチや天然木の玄関ポーチ柱など、細部にこだわりが見られます。

 

4:可愛らしい南欧風

小窓と三角の切妻屋根を特徴とする、南欧風デザイン。

玄関ポーチの開口部をアール仕上げにすることで、さりげない工夫を加えられます。

 

5:シンプルモダンの清潔感

四角いシルエットとホワイトの外壁が特徴のシンプルモダンスタイル。

玄関ドアとスクエア窓のみで構成することで、現代的かつスタイリッシュな印象を与えます。

 

□まとめ

 

家の外観デザインには、失敗しやすいポイントがいくつかありますが、適切な工夫をすることで、洗練された美しい外観を実現可能です。

のっぺりとした印象や安っぽいデザイン、圧迫感を避けるためのテクニック、そして魅力的なデザイン実例を紹介しました。

ツートンカラーやスタイリッシュな窓の配置、立体感のある外壁材の選択、玄関ポーチやバルコニーの装飾、外構での奥行きの演出など、これらのアイデアを取り入れることで、総二階建ての家が持つ可能性を最大限に引き出せます。

美しい外観の家づくりには、失敗例を知り、成功のコツを学ぶことが大切です。

これらのヒントを活かして、あなただけの素敵な家の外観を実現してください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2024年2月7日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)