家づくりの先輩に聞きたい!新築で後悔したことって?

投稿日:2022年03月17日

「新築住宅を考えているけれど後悔しないか不安」

「新築するうえで何を考えるのが重要なのだろう」

このようにお考えの方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、新築で後悔したことと新築を考えるうえで大切なことについてご紹介します。

ぜひご参考になさってください。

 

□新築で後悔したことをご紹介!

新築を建てる際にどうして失敗してしまうのでしょうか。

新築で後悔が残るのは、理想と現実にギャップがある状態で進めてしまうことが原因です。

新築を建てるとなると、中古住宅を購入するのと違い、家を建てるまで中がどのようになるか確認できません。

そのため、建てる前に想像でイメージしていた住宅と実際に出来上がった住宅との間にギャップが残る可能性があります。

理想と現実のギャップを少しでも減らすためには、実際に住宅を見たり、情報収集をしっかり行ったりして、打ち合わせでしっかりと意見を伝える必要があります。

情報収集において、新築で後悔した事例を知っておくことも非常に重要です。

ここでは、新築で後悔した事例についてご紹介します。

1つ目の後悔事例は、LDKで後悔した事例です。

LDKは基本的に家の中でも中心的な役割を果たします。

そのため、新築を建てる際に様々なこだわりをお持ちの方がいらっしゃいます。

しかし、インターネットや住宅雑誌に掲載されているおしゃれなLDKを見て、そのまま新築に落とし込むのはおすすめできません。

例えば、LDKに吹き抜けと階段を設けたとすると、雑誌に載っているようなおしゃれな住宅が出来上がります。

ただ、実際に住み始めると、LDKに設けた階段を頻繁に使用することで落ち着きのない空間になったり、寒い空間になったりします。

寒い空間になるのを防ぐために、暖房を利用することになり、結果的に光熱費がかさみます。

2つ目の後悔事例は、コンセントを少なくして後悔した事例です。

これは非常によくある失敗で、電子機器を使いたいと思ったときに、コンセントが全然たりないことに気づき、後悔することがあります。

特に、リビングのテレビを設置したいと考えている場所にはコンセントを多めに設けることをおすすめします。

テレビを設置したい部分だけでなく、リビングやダイニング、キッチンでは電子機器を使う機会が多いため、多めにコンセントを設けておきましょう。

3つ目の後悔事例は、窓の配置に失敗して公開した事例です。

新築において窓の配置は非常に重要です。

窓は日当たりや通気性に大きな影響を与えるため、窓の配置に失敗すると快適性が非常に悪くなる可能性が高いです。

また、日当たりや通気性を良くしようと考えて窓をたくさん設けたとすると、隣家や道路からの視線が気になる住宅になる可能性があります。

そのため、快適性をしっかりと確保したうえで、周りからの視線も考慮した窓の配置を考える必要があります。

4つ目の後悔事例は、住宅ローンの返済が苦しくなって後悔した事例です。

住宅ローンの返済計画をあまりにギリギリの返済額で設定するのはおすすめできません。

景気が悪化したり転勤することになったりすると、年収があがらない、給料が減るなど、収入が予定通りに上がっていかない可能性があります。

また、固定資産税を考慮せずに住宅ローンを組んでしまった方も少なからずいらっしゃるでしょう。

そういった場合に、予定していたほどのお金を準備できず、住宅ローンの返済が苦しくなることがあります。

そのため、ある程度収入が減っても対応できるような住宅ローン返済の計画を立てておくようにしましょう。

5つ目の失敗事例は、利便性が悪くて後悔した事例です。

最寄りの駅までの所要時間が長い土地であるほど、土地代が安いため、費用を抑えるためにその土地を選んだという方がいらっしゃいます。

しかし、実際に住み始めてみると、数字で見た所要時間と体感の所要時間にずれがあり、しんどくなることがあります。

また、周辺施設が整っていない場合にも後悔する方が多いため、土地選びの際には実際に駅や施設までの所要時間を確認することが大切です。

 

□生活スタイルに合わせて新築を建てましょう

新築を建てる際に最も重要なのは、生活スタイルに合わせて考えることです。

例えば、近年人気上昇中の見せる収納やオープンキッチンがありますが、片づけや掃除が得意なご家族様でなければ、後悔することになります。

生活の一部が見えやすい状態になるため、片付けが上手くできなければゴチャゴチャした見た目になってしまうでしょう。

理想の住宅に寄せて新築するのではなく、生活スタイルに理想の住宅を寄せていく感覚で新築を考えるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、新築で後悔したことと新築を考えるうえで大切なことについてご紹介しました。

LDKにおける吹き抜けの後悔や、コンセントの数における後悔、住宅ローンに関する後悔は多いです。

また、理想の住宅を実現しようとして、生活スタイルに合わず後悔することもあります。

新築についてお考えの方はぜひ当社へご相談ください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年3月17日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒923-0851
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)