子供部屋は何畳が良い?オススメのクローゼット収納と併せて解説します!

投稿日:2022年07月17日

お子様のいる家庭では、住む環境が新しくなる時に1番に子どもの快適さを重視する人もいるでしょう。
そこで気になるのが子供部屋ですよね。
今回は、そんな子供部屋について広さからデザインまで詳しくお話しします。
 

□最適な子供部屋の広さは何畳?

 
子供部屋の広さの平均は約6畳です。
4.5~8畳の間の広さが子供部屋としてよく使われます。
6畳だとベッド、机、タンスや棚などの収納スペースもあり、快適に過ごせます。
4.5畳だと子供が幼い時は良いですが、大きくなると少し窮屈に感じるかもしれません。
 
子供部屋の広さを考える時は、子どもの将来を見据えた設計にしなくてはいけません。
土地が限られている場合は、最初に寝室やリビングの配置を考え、余ったスペースで子供部屋をどうするか決めましょう。
実際に子供部屋が必要なのは8~10年です。
子供が独立してしまえば空き部屋になります。
 
そう考えると、寝室やリビングのスペースを犠牲にしてまで子供部屋を広くする必要もありません。
4.5~6畳前後の最低限のスペースさえ確保できればは大丈夫です。
 

□子供部屋のお勧めレイアウトを紹介

 
次に広さ別に、お勧めの子供部屋のレイアウトを紹介します。
 
まずは、4.5畳の子供部屋の場合です。
この広さがあれば、机、ベッド、小さな棚などの収納を含めて余裕があります。
 
一般的な家具のサイズは、以下のようになります。
・机 幅100~120cm × 奥行き50~70cm
・シングルベッド 幅100cm × 長さ200~210cm
・収納家具 幅60~90cm × 奥行き40~60cm
 
次に、6畳の場合です。
この広さなら、ベッド、机、複数の収納家具を置いても十分なスペースがあります。
体が発達途中の中学生でもゆったりと過ごせます。
教科書や参考書、部活用の道具、趣味の物などをおける収納スペースも確保できます。
 
子供が高校生や中学生になった時のことを考えるなら最適な広さです。
 
8畳の場合も見てみましょう。
8畳なら、一般的なワンルームマンションによく見られる広さです。
机、ベッド、収納家具の他にも、テレビ、ミニ冷蔵庫、ミニソファなどを置いて優雅に過ごせます。
既に大学生や社会人で、親のいるリビングなどであまり過ごすことが無いのならこれぐらいの広さがあっても良いでしょう。
 
しかし、子供が自立したら大きな空き部屋が増えることになります。
子供が独立後も、趣味部屋や、又は夫婦で何か使うことがあるのなら、逆に8畳のスペースがあっても良いでしょう。
 

□子供部屋のお勧めのクローゼットを紹介

 
子供部屋に欠かせないのが収納です。
子供がまだ小さいのなら、片付けを覚える練習にもなります。
そこで収納として人気のあるクローゼットについてお話しします。
子供部屋といっても、寝かしつけるだけの部屋だったり、勉強や遊ぶことも含めた部屋であったりとそれぞれ違う目的があるでしょう。
それぞれの用途に合わせた収納スペースを作ることが大事です。
 
無難で人気なのが造り付けのクローゼットです。
室内の空間を確保することができ、狭い間取りでも場所を取りません。
注意点としては、ベッドや机などの大きな家具を置く場合は、クローゼットの扉の開閉ができるような配置を考えなくてはなりません。
 
次に悩むのがクローゼットのサイズです。
クローゼットのデザインは奥行きが浅めが良いなら、60cm。
深めが良いなら90cm程となっています。
お勧めは、奥行きが浅めのクローゼットです。
 
理由として以下の点があげられます。
 
・子供が扱いやすい
奥行きを深くして、2本のパイプを通し、前後2列に服の収納を作ったとします。
大人でしたら、後ろのパイプまで手が届き服を選べますが、小さい子どもではそうはいきません。
収納が困難だと、ベッドの上や床に服を脱ぎっぱなしにすることも出てくるでしょう。
 
・空間の有効活用ができる
深めのクローゼットで取りやすさや見栄えを重視して、通すパイプを1本にするとスペースが余ってしまいます。
浅めのクローゼットなら、余すことなく面積を使いやすいのです。
 
・ケース内の物の出し入れが簡単
奥行きの深いクローゼットなら、下側に衣装ケースを入れることもあるでしょう。
しかし、奥に長いため出し入れが大変です。
そこを浅めのクローゼットにすると簡単に引き出しを出し入れできます。
 
最近は、浅め用の収納ケースとして60cmの物も出てきたのでこれらを活用することをお勧めします。
 
・コスト削減
最後は、費用です。
奥行きの深いクローゼットより、浅いクローゼットのほうが比較的安いです。
意外かもしれませんが、奥行きを出す作業の方が大変なのです。
 
このように、浅めのクローゼットにすることで沢山のメリットが生まれます。
 

□まとめ

 
大切な子どもの為に快適な部屋を提供したいですよね。
その為には、広さ、インテリア、収納など色々な面で工夫する必要があります。
この記事で押さえた点を踏まえて、是非素敵な子供部屋を作って下さい。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年7月17日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒923-0851
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)