外は涼しい のに部屋が暑いのは何故?その原因と対策を紹介!

投稿日:2022年09月05日

夏に外のほうが中より涼しいと思ったことはありませんか。
外の方が暑いはずなのに不思議ですよね。
今回は、その謎を解くために、考えられる原因と対策についてお話しします。
 

□外は涼しいのに部屋が暑い原因

 
最初に、部屋が外より蒸し暑くなる原因を説明します。
 
1つ目に考えられる原因は、部屋の窓の方向です。
窓が南向きの部屋は日中に日光が集中して入るため、外気温より高くなります。
それだけで外気温より3から5度も高くなるのです。
窓が西向きの部屋も真夏は西日が直接入るので、室温が上がります。
日当たりが良い部屋は部屋を明るくしますが、夏場は暑くなるデメリットがあります。
 
2つ目は、天井や壁の熱です。
コンクリートや鉄筋は熱がこもりやすい素材です。
壁や天井がコンクリートの場合は昼間の太陽の熱が夜にまで残ります。
壁や天井に断熱材が入っていない建物はさらに暑くなります。
マンションやアパートの最上階は直射日光が最も当たる場所なので気を付けましょう。
 
3つ目は、家電の熱です。
冷蔵庫やテレビなど常に接続されている家電は熱が溜まりやすいです。
それらが原因で室温が上昇することも多々あります。
ワンルームで家電が隣合わせなどの部屋は特に注意が必要です。
 
4つ目は、照明器具の熱です。
白熱電球は高温になるため室温が上がります。
間接照明でおしゃれにするために白熱電球を使うのは室温を保つためには賢くない選択です。
蛍光灯やLEDも放熱するため、部屋の温度が上がります。
 
5つ目は、風通しが悪いことです。
窓が少なかったり、窓のすぐ前に建物があったりすると風通しが悪くなり、熱がこもりやすいです。
外出時に部屋の窓を全て閉めてしまうのも部屋の熱をこもらせます。
小窓を少し開けたり、窓の配置を対角線上にして風の通り道を作ったりしましょう。
そうすることで、空気が循環し室内温度を一定に保つことができます。
 
6つ目は、湿度が高いことです。
キッチン、トイレ、お風呂など家の中には水を使用するところが沢山あります。
水回りが部屋の湿度を上げ、蒸し暑くさせます。
湿度が高いと発汗しにくく、同じ温度でも湿度が高いほど暑く感じます。
 

□簡単な暑さ対策

 
次に暑さ対策について紹介します。
 
1つ目は、太陽の熱を遮ることです。
部屋の中に熱がこもる1番の要因は直射日光です。
なので、出かける前はカーテンを必ず閉めましょう。
 
雨戸を閉めて出かけるのも効果的です。
雨戸は隙間が少しあり、風を通すので熱がこもりません。
カーテンは遮光カーテンにしましょう。
光を通さない代わりに、高い遮熱効果が期待できます。
 
2つ目は、扇風機を使うことです。。
まず2箇所以上の窓を全開にして扇風機を外に向けましょう。
そうすることで室内にこもった熱い空気が外に逃げます。
扇風機の前に凍ったペットボトルを置くと、涼しい風が部屋中に行き渡ります。
 
また、そのペットボトルの周りに水滴がついたら湿気が目に見える状態になります。
これらのサインを見て、部屋の湿度調整ができます。
 
3つ目は、ベランダで暑さ対策をすることです。
ベランダがコンクリートの場合は、そこに熱がこもりやすいです。
そこで暖められた熱風が室内へ入ってくるのです。
ベランダに人工芝を引いたり、植物を置いたりすると暑さ対策に繋がります。
木材のウッドフローリングを床に敷くのもおすすめです。
 
4つ目は、ひんやりマットを敷くことです。
最近は冷たく感じられるマットやシーツなどが沢山売られています。
通常寝具用でも、リビングの床に敷いてその上に座ったりして体感気温を気軽に下げられます。
 

□暑さから逃れる為の快適グッズ

 
次に暑さ対策になる快適グッズを紹介します。
まずは、遮熱カーテンです。
こちらは、暑さを遮ってくれるカーテンです。
熱の発生源となる赤外線を遮断してくれます。
 
UVカットにもなるので、室内での日焼けや直射日光による床のダメージを防ぐこともできます。
通販はもちろん、ホームセンターでも売っているので簡単に購入できます。
 
次は、ハッカオイルです。
ハッカオイルでアロマスプレーなどを作っておくと、清涼スプレーになります。
作り方は簡単で、水50ミリリットルに対してハッカオイルを5滴スプレーボトルに入れるだけです。
肌に付けるとスースーして気持ちよく、扇風機にかけると室内に爽やかな風が行き届きます。
 
最後はグリーンカーテンです。
家庭菜園やガーデニングに興味のある方におすすめです。
きゅうりやゴーヤのような植物で作ったグリーンカーテンは、直射日光を遮るだけでなく、植物の呼吸による新鮮な空気も生産します。
 

□まとめ

 
外は涼しく、中は暑いという現象は夏場によく起きますが、対策をするだけで簡単にその悩みは解消できます。
まずは、自分の家の場合に考えられる原因を探り、それにあった対策を練りましょう。
ちょっとした知識や一工夫で室内の温度は一定に保たれます。
他にも住宅や快適な暮らしに興味のある方は、イングへご連絡下さい。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年9月5日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)