土間のある家を建てる上で知っておきたいデメリットとは

投稿日:2022年03月22日

「土間ってよく聞くけれどそういえばどこのことを指すのかな」

「土間はどのように活用すればいいのだろう」

このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。

そこで今回は、土間はどこのことを指しているのか、土間にはどのようなメリットとデメリットがあり、どのような活用方法があるのかについてご紹介します。

 

土間の施工事例はコチラ→

 

□土間ってどこのことを指すの?

ここでは、土間がどのような空間なのかについてご紹介します。

土間とは、土足で入れる家の中の空間のことを指しますが、通常の玄関より広い場合に土間と呼ばれます。

活用方法としては、靴を脱ぎ履きするだけの目的として使われるのではなく、様々な目的として使用されます。

土間は、昔の日本の農家に当たり前に設けられている空間でした。

たたきというコンクリートやタイル、漆喰を固めて作れられた床材でできており、農作物の保存や下準備、炊事を行う空間でした。

家の中にもかかわらず、土足で入れるため、水を使用する作業をしたり、汚れたものを扱ったりするのに適しています。

日本における家づくりは、建物の内と外を曖昧にする特徴があり、縁側や土間はその手法に該当します。

日常生活を過ごす中で、これらは機能性を発揮するだけでなく、生活にゆとりを持たせてくれるような貴重な空間です。

 

土間の施工事例はコチラ→

 

□土間のある家のメリットとデメリットとは?

ここでは、土間のある家のメリットとデメリットについてご紹介します。

まず、メリットについてご紹介します。

1つ目のメリットは、デッキや庭のような野外の延長空間にできることです。

土間はたたきやコンクリートで仕上げられており、汚れを気にすることなく出入りできます。

そのため、デッキや庭でついた泥や水を土間に落としてしまっても、簡単にモップと水で掃除でき、跡も残りません。

汚れたアウトドアアイテムやスポーツ用品、ベビーカーなどを置いておく場所として使えるのも魅力ですね。

2つ目のメリットは、デザイン性が高いことです。

昔の日本では普通に設けられていた土間は、近年リビング付近に土間を取り入れる土間リビングとして注目されています。

かつての土間は、じめじめとしていて暗い印象があったのに対して、近年では、通気性が改善され、デザインにおいても非常におしゃれになっています。

趣味の時間やティータイムにタイルやクロスで仕上げられた土間で過ごす家族も少なくありません。

土間を設けることで、家の中でも開放的に暮らせるため、これからより一層人気が高まるでしょう。

3つ目のメリットは、夏場になると涼しく感じられることです。

土間によく使用されているコンクリートは、熱伝導率の高さが特徴的であるため、触れると冷たく感じます。

そのため、冬になると底冷えしやすいものの、夏にはエアコンを使わずとも自然に涼しくなります。

日本の夏は非常に暑いため、夏に冷房の使用頻度を減らすことで光熱費を一気に削減できるでしょう。

次に、デメリットについてです。

1つ目のデメリットは、家の断熱性と気密性が高くなければ冬場が寒くなることです。

メリットでも述べたように、夏に涼しくなるのが土間の特徴ですが、断熱性と気密性の高い家でなければ、冬場は非常に寒い空間になります。

土の上に断熱材を使用せずに土間を作るため、土からの冷たさが土間にそのまま伝わります。

冬場に寒い地域に家を建てる場合は、暖房を設置して寒さの対策を取るようにしましょう。

2つ目のデメリットは、家の中の様子が見えやすいことです。

居住スペースと土間との空間の間に仕切りがないため、来客の際に家の中の様子が見えやすくなります。

プライバシーについて気にする方であれば、土間を玄関周辺には設けず、勝手口や裏口を設けてその周辺に設けるようにしましょう。

3つ目のデメリットは、バリアフリーにしづらいことです。

土間は土の上に設けられており、居住スペースは基礎を設けてその上に建てられています。

そのため、どうしても段差が生じてしまいます。

バリアフリーの住宅にするには不向きでしょう。

以上がメリットとデメリットについてでした。

 

□土間の活用方法について

ここでは、土間の活用方法についてご紹介します。

まず、大きな収納スペースとして活用する方法です。

近年では、玄関のわきにシューズインクローゼットを設けている家が増えてきています。

このシューズインクローゼットと土間を繋げることで、遊具や靴、アウトドア用品を簡単に収納できてしまいます。

次に、ペット用のスペースとして活用する方法です。

ペットをお家の中で飼いたいという方は多いですが、散歩帰りに家に上げると床が汚れてしまいます。

そういった場合に、土間にゲージを設けてペット用のスペースにすることで、抜け毛の掃除もでき、床の汚れも気にする必要が無くなります。

最後に、趣味のスペースとして活用する方法です。

近年ではちょっとした家具をDIYで作るご家庭が増えてきています。

そのため、土間をDIYのスペースとして活用することで、雨の日や雪の日でも家の中でDIYができます。

 

土間の施工事例はコチラ→

 

□まとめ

今回は、土間はどこのことを指しているのか、土間にはどのようなメリットとデメリットがあり、どのような活用方法があるのかについてご紹介しました。

当社では、家づくりに関する無料相談会や完成内見会を開催しております。

家づくりをお考えの方はぜひ一度当社へお問い合わせください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年3月22日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)