和室は本当に必要ない?知られざる和室の必要性を紹介!

投稿日:2022年03月12日

「和室って本当に必要なのかな」

「和室を設けるとなると何を意識して考えれば良いのかな」

このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。

そこで今回は、和室の必要性、和室のデメリット、和室のある家を建てる際のポイントについてご紹介します。

ぜひご参考になさってください。

 

和室の施工事例はコチラ→

 

□和室の必要性とは

和室の一番の魅力は、凡用性において優れていることです。

子供部屋や寝室、客間、ダイニングスペースなど、どのような使い道にしても使えるのが和室の特徴です。

お子さんやお年寄りにとっても安全で、将来親御さんと同居される場合にも有効に活用できるでしょう。

ただ、和室の必要性を考えるうえで、ご家族さまの求めている魅力があるかどうかが非常に大切です。

ここでは、和室の必要性を考えるうえでの魅力についてご紹介します。

まず、客間として使う場合、和室は非常に役に立ちます。

襖によって空間を仕切ることで、容易に生活感を見せないようシャットアウトできます。

また、お子さんのお友達が泊りに来た際でも、フローリングと違って柔らかいため、敷布団を敷けば寝るスペースにもなります。

次に、ダイニングスペースや家事スペースとして使う場合についてです。

和室を掘りごたつ式にすると、ダイニングスペースとしても活用できる万能な部屋に変わります。

また、アイロンがけや洗濯物を畳むスペースとしても和室は活用できます。

収納スペースを和室に設けておけば、家事のために使う道具をまとめて片づけておけるのも魅力です。

最後に、子供部屋として使う場合についてです。

和室を子供部屋として使うことで、フローリングより柔らかく調湿機能にも優れているため、子供の怪我を予防したり、湿度を保てたりします。

子どもの間は家の中で走り回ったり、遊んだりしたいと考えるため、子どもにとっても非常に魅力的な空間になります。

また、フローリングに比べてホコリや塵が飛び散りにくいため、ハウスダストのアレルギーを持ったお子さんでも安心して暮らせます。

キッチンやリビングの近くに和室を設けておけば、家事をしながら子供の様子を見られるため、安心して家事ができますよ。

以上が和室の必要性を考えるうえでの魅力についてでした。

 

和室の施工事例はコチラ→

 

 

□和室のデメリットとは

ここでは、和室のデメリットをご紹介します。

1つ目の和室のデメリットは、障子や畳、ふすまを張り替えたりするメンテナンスが必要なことです。

和室にすると、障子が破れたりした際に張り替える手間が必要になります。

また、畳に関しても、長年使っているとシミや汚れが残ったり、とげついたりする可能性があるため、張り替えることになる可能性が高いです。

2つ目のデメリットは、フローリングよりも掃除が大変なことです。

フローリングであれば、飲み物や食べ物を落としても拭けば済みますが、畳は染みつきやすいです。

また、ホコリが畳に入り込む可能性があるため、入念に掃除する必要があります。

フローリングであればホコリが飛び散りやすい特徴がありますが、その分掃除機を使えばすぐに掃除が完了します。

3つ目のデメリットは、重たい家具を同じところに配置しておくと跡が残ることです。

畳は柔らかく、こけても怪我しにくいというメリットがありますが、その分重たい家具を置いてしまと跡が残りやすいです。

そのため、模様替えをしようと思い家具を動かすと、へこんでいてショックを受けることになりかねないため、注意が必要でしょう。

4つ目のデメリットは、他のスペースを狭くしてしまう原因になりかねないことです。

住宅の面積が十分に広くない場合は、和室を設けるために他のスペースを狭くする必要が出てきます。

そのため、土地面積がそれほど広くない場合は、和室を設けるかどうかしっかりと検討したうえで設けた方が良いでしょう。

以上が和室のデメリットについてでした。

 

□和室のある家を建てる場合のポイントとは

ここでは、和室のある家を建てる場合のポイントについてご紹介します。

まず、広さは最低でも4.5畳は確保しておくことです。

小上がりの和室を設ける場合で4.5畳以上が理想であるため、独立した和室を設けたい場合、6畳以上はやはり必要です。

6畳確保するのがどうしても厳しい場合は、仕切りを半透明にする、または障子を用いるなどして解放感をもたせるようにしましょう。

そうすることで、狭く感じることなく和室を有効活用できます。

次に、収納や押し入れの配置や有無を頭に入れておくことです。

和室を考えるのであれば、収納や押し入れをどのように配置するのか考えておく必要があります。

寝るための布団や家事のための道具を収納しておくスペースを設けておくと、幅広い用途で活用できるため非常におすすめです。

以上が和室のある家を建てる場合のポイントについてでした。

 

和室の施工事例はコチラ→

 

□まとめ

今回は、和室の必要性、和室のデメリット、和室のある家を建てる際のポイントについてご紹介しました。

当社では、内見会や無料相談会など、新築住宅をご検討中の方に向けたイベントを多数ご用意しております。

また、オンライン相談会も実施しておりますので、ぜひ当社へご相談ください。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年3月12日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒923-0851
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)