住宅ローンを組む時の流れ

投稿日:2019年04月08日

住宅ローンは、申し込んですぐに融資が受けられるわけではありません。いくつかの手順を踏む必要があるので、購入を決めてから慌てることがないよう、残代金の決済や諸費用の支払いを考えて融資実行までの流れを把握しておきましょう。

 

 

事前審査から住宅ローン契約の申し込みまで

 

住宅ローンの借り入れは、住宅購入(建築)の流れと並行して進みます。

ただし、一般的な住宅ローンでは、新築した住まいを担保に融資が実行されるので、工事請負契約が完了して、住宅ローンを借り入れようとする人がその住まいの所有者になってからでないと申し込みができません。 そうなると、もしも売買契約を結んだものの残代金決済のための融資が受けられない、となると困りますよね。そこで多くの場合、住宅ローンでは「事前審査」を行います。申し込みの前に、ローンの本審査に通りそうかどうか、あらかじめ簡単な審査を受けておくのです。



事前審査は通常2~3営業日くらいで結果がわかります。本審査に通りそう、というOKをもらえたら、工事請負契約を結んだ上で住宅ローンの本申し込みを行います。ただ、事前審査と本審査は別物なので、事前審査に通ったからといって、確実にローンが受けられるわけではありません。



その点には注意が必要ですが、ほとんどの売買契約では、ローン審査に通らなかった場合には、契約を白紙解除できる「ローン特約」が盛り込まれています。もしもこの特約がないと契約解除ができず、契約不履行により違約金が発生したり、手付金が戻ってこないということがあるので、必ず確認してください。

 

 

 

 

 

売買契約を結んだらすぐに住宅ローンの「申し込み・本審査」

 

事前審査がOKで、物件の工事請負契約に至った場合は、いよいよ住宅ローンも正式な申し込みとなる。印鑑証明や住民票の写しなど、必要な書類が多いので、金融機関に事前に確認の上、不備で仕切り直しということがないよう、準備して臨もう。

■住宅ローン申し込み時に必要なもの

  • 本人家族全員が記載された住民票
  • 印鑑証明書(地元の市区町村で入手)
  • 印鑑証明書に使用した実印
  • 本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)
  • 収入証明資料(源泉徴収票、確定申告書、住民税課税決定通知書など)
  • 対象となる物件の詳細資料(不動産会社が手配してくれることが多い)
  • 預金口座通帳など(残高確認のため)

など

 

 

いよいよ融資実行

 

本審査に通ったら、いよいよ融資の実行です。具体的には、住宅ローンを提供する金融機関と「金銭消費貸借契約」を結ぶことで融資実行となります。契約内容は大まかに知らされていますが、金利などはこのとき確定します。また融資を実行する日取りなどもこのときに決まります。



融資実行日には建築業者に対して残代金を振り込むことになるので、あらかじめ建築主と建築業者、金融機関の日程調整を行っておくようにしましょう。残代金を振り込んで物件を登記し、抵当権が設定されたら、住宅ローン借り入れの手続きは無事完了したことになります。

 

 

 

入居した翌年は、確定申告で「住宅ローン控除」を

 

住宅ローンの決済が終わり、念願のマイホームに入居しても、忘れてはいけないのが確定申告。毎年、年末時点の住宅ローン残高に応じて、所得税の控除が受けられる「住宅ローン控除」という制度を受けるための条件になるのだ。会社勤めの人でも、入居の翌年だけは確定申告が必要で、その後は会社の年末調整での対応が可能です。

 

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

電話&メール問い合わせ

 

2019年4月8日 投稿|     
ページトップへ