住宅ローンにおける保証人と連帯保証人とは?

投稿日:2019年04月12日

住宅ローンを組む際、よく聞くのは保証人や連帯保証人です。

とはいうものの、一般的に『借金の保証人にはなるな!』これが定説となっています。

いくら仲がいい友人関係、あるいは家族であっても、借金が原因で関係がバラバラになることも・・・。

住宅の購入は人生で1番のお買物です。

事前にしっかりと準備をし、万全の対策をとって購入しましょう。

 

 

 

 

保証人とは?

担保の一種で「人的担保」と呼ばれます。具体的には、万が一債務者が債務を履行できない場合は、その履行を債務者に代わって行うことを保証する人です。つまり、お金を借りた人が何らかの原因で借金を返せなくなったとき、その代わりに、保証人がお金を返さなければならない必要があります。ただし借金をした本人に返済能力がある限り、取立ては本人が優先されるのです。その間は、返済を拒否することが可能になります。

 

 

連帯保証人とは?

連帯保証人は借金をした本人に十分な返済能力や資質があったとしても、債権者から連帯保証人に対して先に請求が来るような場合もあるということです。つまり、連帯保証人は「お金を借りている人と同じ義務を負う」ということになります。

 

 

住宅ローンを借りる際に必須なのか?

住宅ローンを組むときに一般的には連帯保証人が必要な場合は少ないです。多くの場合で連帯保証人は不要なのです。ただ、それには例外があります。

以下のような場合には連帯保証人が必要になるので確認しておいてください。

 

 

1:収入を合算して住宅ローンを組む場合

これはよくあるパターンです。夫婦がお互いの資金を合算して住宅ローンを組むというのがこのパターンで一番多い形となります。

たとえば夫名義で住宅ローンを組む場合は、妻が連帯保証人にならないといけません。

 

2:土地や建物が共有名義である場合

この場合はその代表者がローンの名義人となり、そのほかの共有者が連帯保証人になる必要があります。

 

3:親名義の土地に住宅を立てて住宅ローンを組む場合

親名義の土地にその子が住宅を建てる際に住宅ローンを組む際は、その土地の名義人である親が連帯保証人となる必要があります。

 

4:ペアローンを利用する場合

ペアローンとは、夫婦などの同居する家族・親族がそれぞれで住宅ローンを組むことをいいます。たとえば、夫婦で住宅ローンを組む際は夫のローンには妻が、妻のローンには夫がそれぞれの連帯保証人になる必要があるのです。

 

以上の場合が住宅ローンを組む際に連帯保証人が必要になる場合となります。

 

ただし住宅ローンを組む際は基本的に連帯保証人が不要です。

ただ、金融機関が指定する信用保証会社の保証を受けることが条件となります。

それゆえに住宅ローンを借りる人はわざわざ連帯保証人を探す必要がないのです。

しかし、それも以下の条件を満たす人が連帯保証人を立てなくていいことになります。

●単独名義でローンの申し込みをする人

●借入金額に見合った収入がある人

●ローンの審査に問題がない人

住宅ローンの審査には、定期的な収入があり確実に返済が見込めるような収入がある場合でなければ審査に通ることができません。要は経済的に安定している人でないと審査を通すことが難しいのです。

 

住宅ローンは、家を購入する際に必ずと言っていいほど必要になるものです。万が一、住宅ローンを借りるに当たって連帯保証人が必要になった場合は、その人に迷惑をかけてしまう可能性を考え、無理のない返済計画を立て実行しましょう。

ある程度の頭金を用意することができれば利息も低く済ませることができて、返済をラクに終わらせることができます。

 

 

弊社は自然素材と洗礼されたデザインでお客様の理想の住まいづくりをサポートします。小松市、能美市、加賀市で理想のお住まいを建てられる際は、ぜひ弊社をご利用ください。

 

電話&メール問い合わせ

 

2019年4月12日 投稿|     
ページトップへ