事前にチェック!注文住宅の間取りにおける成功例と失敗例とは!?

投稿日:2019年05月03日

 

「注文住宅の間取りって難しそうでよくわからない」

「基本的なところから詳しく知りたいな。」

注文住宅を検討する際によく悩まれるのがどのような間取りにするべきかということではないでしょうか。

そこで今回は、注文住宅の間取りでお悩みの方必見の失敗例と成功例について解説します。

 

□間取りの失敗例

間取りの失敗として最も多いのが収納です。

生活し始めて収納が足りない、収納の機能が悪い、サイズが合わないなど、収納に関する後悔がある人は少なくありません。

余ったスペースを収納にしたのはいいが、中途半端なものになってしまうなど、デッドスペースの有効活用が裏目に出る場合もありますのでスペースの有効活用もよく考える必要があります。

また、リビングを広くしすぎたせいで、他の部屋の広さに影響が出てしまう場合もあります。

リビングは誰しも広い方が良いと思いますが、玄関やお風呂が狭くならないように他の部屋とのバランスも考えるようにしましょう。

他の失敗例としては生活動線の予測の間違いです。

よくあるのがキッチンとトイレと洗面所が近く、朝の忙しい時間に使いたい人で渋滞を起こしてしまうことです。

生活動線の意識は家族の人数が多い家庭ではかなり重要な項目ではないでしょうか。

 

□間取りの成功例

先ほどの失敗例からも分かる通り、収納スペースはかなり大切です。

長く住めば住むほど物の数は多くなってしまいます。

そのような時に収納できるスペースがあると臨時の置き場作りで部屋が狭くなってしまうことや見栄えが悪くなることなどを防ぐことができます。

収納スペースは各部屋に一つずつあると良いでしょう。

また、リビングや寝室だけでなく、キッチンや玄関にも収納スペースを設けることをオススメします。

さらに、見通しの良いキッチンにしてよかったという事例も多くあります。

キッチンはリビングとつながっていて、料理をしながらリビングのお子さんの様子を確認できるものが人気です。

アイランドキッチンなどが現在人気で、完全に独立させるのではなく、他の部屋との行き来のしやすさを意識することが成功のポイントです。

 

 

□まとめ

以上、注文住宅の失敗例と成功例についてご紹介しました。

難しそうに思われたかもしれませんが、意外と簡単で驚かれたのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、自分にあった間取りついて検討してみてください。

また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。

何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

 

2019年5月3日 投稿|     
ページトップへ