リビングにキッズスペースを作る際の注意点や間取りの例を紹介!

投稿日:2022年09月17日

リビングにキッズスペースがあれば、料理や家事の途中でも簡単に子供を見守ることができますよね。
便利なキッズスペースを有効活用するためにも知っておくべきことは沢山あります。
今回は、リビングに置くキッズスペースについてお話しします。
 

□リビングにキッズスペースをつくるメリットを紹介

 
最初に、リビングにキッズスペースを作るメリットを紹介します。
 
1つ目は、大人の目が行き届きやすいことです。
家の中でも、小さい子供は転んだり、危険な物に触れてしまったりして怪我をすることが多いです。
家族が集まるキッズスペースを作ることで、母親だけでなく家族の皆が子供を簡単に見守れます。
家事をしながらでも、簡単に子供が遊ぶ姿を確認できるので、子供の安全性が上がる共に、家事も捗ります。
子供が中心にいる生活は家族との団らんにもなるので、コミュニケーションを取る機会も増えます。
 
2つ目は、リビング全体が散らからずに済むことです。
子供が遊ぶとどうしてもおもちゃや物が散らかります。
しかし、遊び場としてリビングにキッズスペースを設けると、散らかるのはそこだけになります。
散らかる範囲が決まっていると片付けも簡単で、掃除も捗ります。
 
3つ目は、ライフステージに応じて有効活用できることです。
子供が幼稚園や幼い時はキッズスペースとして、小学生になったら学習スペースとして利用するというように、ライフステージに合わせて簡単にリフォームできます。
子供が独り立ちしたらワーキングスペースや趣味を楽しむ場所に変えることもできます。
 

□キッズスペースを作る際の注意点を紹介

 
次にキッズスペースを作る際の注意点を5つ紹介します。
 
1つ目は、ラグやカーペットなどの汚れや傷を防げる床材を使うことです。
キッズスペースでは、おもちゃを落としてフローリングが傷ついたり、ジュースをこぼして床が汚れたりします。
ラグやカーペットなら、それらを予防して簡単に掃除できます。
物が壊れる心配も減るので、子供たちの為の安全面もバッチリです。
 
2つ目は、キッズスペースとリビングのスタイルを統一することです。
せっかく作ったキッズスペースのデザインによってリビングの景観がちぐはぐになってしまうのは残念ですよね。
キッズスペースとリビングの統一感を出しておしゃれな雰囲気にしましょう。
そうすることで、清潔に見えて開放感も生まれます。
 
3つ目は、収納スペースを確保することです。
子供の物が散らかっているとリビング全体が汚く見えてしまいます。
収納スペースをしっかりと作ることで、物が散らからないようにしましょう。
 
また、子供用に合わせたサイズの収納スペースを作りましょう。
そうすることで、子供たちが自ら片付けを行い、物を管理できます。
物を大切に扱うという学習にも繋がります。
 
4つ目は、ラグや仕切りでキッズスペースを明確にすることです。
リビングでおもちゃが散らからないようにするには、しっかりとキッズスペースを認識させてるために明確に区切る必要があります。
ラグや仕切り収納を活用してどこまでが遊んでいい場所なのか分かりやすいようにしましょう。
 
5つ目は、安全面には十分注意することです。
安全面はキッズスペースにおいて1番大事です。
子供はいつどこで怪我をするか分かりません。
なるべく予測できる危険は避けるべきです。
 
インテリアや家具はできるだけ低い物にしましょう。
低いインテリアは部屋に開放感も与えます。
角が丸いインテリアを選ぶことも心がけましょう。
走ったりするので、どこで頭をぶつけるか分かりません。
角が尖っているインテリアがあるなら、ゴムなどをつけて当たっても痛くないようにしましょう。
 

□キッズスペースの間取りの実例を紹介

 
最後にキッズスペースの間取りの実例やアイディアを紹介します。
 
まずは畳です。
畳コーナーを作って、子供の遊び場にできます。
リビングに隣接していた畳の扉や仕切りを無くして、キッズスペースにするケースもあります。
リビングとの段差が無い畳コーナーは子供を安心させて遊ばせられます。
子供が眠くなればそのまま寝かしつけられるので、畳はすごく便利です。
 
 
次に、間仕切り部屋です。
こちらは、普段はドアを開けて子供が遊んでいる様子が確認でき、来客などが来た時は扉を閉められます。
授乳姿を見られたくない時も便利です。
扉の開け閉めを臨機応変にできるのは大きなメリットになるでしょう。
 
次は、スキップフロアです。
こちらはリビングとの間に段差を作って空間を分けたものです。
開放的でユニークなデザインなので、お子様からの人気も高いです。
デザイン次第で空間を楽しむことができ、色んなことに活用できるでしょう。
 
 

□まとめ

 
このようにリビングにあるキッズスペースには沢山のメリットがあり、工夫次第で簡単に設置できます。
リビングが家族の団らんの中心になることも間違いありません。
お子様と家族の為にも是非1度、どんなものがあるのか調べてみましょう。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年9月17日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)