おしゃれな窓を配置して快適な暮らしを実現するために知っておくべきこととは?

投稿日:2022年09月09日

様々な窓の種類がある中でどれにするか迷いますよね。
機能性やデザイン性も含めて、自分の家に合う窓がどのようなものか気になると思います。
おしゃれで快適な生活のためにも、今回は窓の役割や種類についてお話しします。
 

□窓の役割を紹介

 
まず最初に、窓の役割を10個紹介します。
 
1つ目は、暑さや寒さから守ることです。
窓の開閉で室内の温度を調整できます。
地域の気候に合った断熱窓を作ることもできます。
室外からの寒暖の影響を受けにくくし、快適な暮らしを実現できます。
 
2つ目は、明るさの調整です。
太陽の光は人々の心を和らげます。
窓から上手に光を取り込めば明るい部屋になります。
また、室内照明を効率的に使うことで節電にも繋がります。
 
3つ目は、ぬくもりを取り入れることです。
窓辺で日差しの暖かさを楽しめるのは素敵ですよね。
冬には日射をしっかりと取り入れられるので暖房を使いすぎることもありません。
 
4つ目は、風を取り入れることです。
窓から上手に風を通せば、室内の温度を調整できるだけでなく外から新鮮な空気を循環させられます。
部屋にこもった臭いを家の外に出したり、湿気を逃して結露を防ぐこともできます。
風通しの良い家なら夏でもエアコンに頼りすぎずに快適に過ごせます。
 
5つ目は、良い景観を眺めることです。
庭や屋外の景色を楽しむことは日々のストレスの中で欠かせないリラックスタイムです。
窓の配置や大きさ、デザインによって見える景色が異なるのも楽しみの1つになるでしょう。
 
6つ目は、内と外を繋ぐことです。
窓は室内と室外の接点です。
窓を通して、人とコミュニケーションが取れます。
人との会話が増えることで毎日が明るくなるでしょう。
 
7つ目は、雨や強風から家を守ることです。
気密性、水密性の高い窓は雨や風などの自然現象から人と暮らしを守ります。
室内を綺麗に保つ手助けにもなります。
 
8つ目は、侵入を防ぐことです。
窓があることで外の様子を伺えるので不審な動きをしている人がいればすぐに気付きます。
小さい窓は、光や風を取り入れながらも泥棒の侵入を防ぎます。
窓は防犯対策にもなるのです。
 
9つ目は、防音対策です。
窓を閉めることで、外からの音を遮断したり、家の中からの音を外に漏らさないようにしたりできます。
窓の開け閉めは防音対策にもなるのです。
 
最後は、住まいのデザインです。
住まいに表情を与えるのも窓です。
窓のデザインは沢山あり、それらを楽しむことで住まいのデザインを変えられます。
美しくコーディネートされた窓は印象に残ります。
 

□風通しの良い窓の配置を解説

 
次に風通しの良い窓の配置について説明します。
 
風通しをよくするため室内の空気を入れ替えるのには、1つの部屋に2つの窓が必要です。
窓が1つだと室内に入ってきた空気の逃げ場がなく、風の通り道ができません。
風の通り道を作るには、1つの部屋に2つの窓を対角線上に設置しましょう。
 
立地や環境によっては、対角線上に窓を設置するのは難しいかもしれません。
その場合は、通風用の小さな窓を設置しましょう。
 
細長いタイプや片開きの窓なら外からの目を気にする必要もありません。
片開き窓を上下に2ヶ所に設置し、窓の開く方向を交互にすれば、さらに風通しが良くなります。
夏や冬は暑さや寒さから窓を閉めがちですが、これらのタイプの窓なら少し開けて換気ができます。
風通しの良い部屋は空調費も節約できるので、窓のデザインと配置はしっかり考えましょう。
 

□おしゃれな窓を紹介

 
次におしゃれな窓を紹介します。
 
まずは風を調整できる窓です。
こちらは、上下に窓が分かれており、上の部分の開け閉めで風の調整をすることができます。
縁を黒などにすると大人な雰囲気を出すことができます。
 
次に、和風レトロな窓です。
こちらは、丸窓で茶室や和室などに置くと、より一層和の雰囲気が出ます。
アンティークガラスを使用して、デザインに木材や竹を少しいれると落ち着きのある雰囲気になります。
 
そして、壁と調和する窓です。
こちらは、フレームを目立たせずに壁と一体化しています。
窓が目立たないのも1つのデザインです。
シンプルなデザインにしたい、壁や証明、他の物のデザインがメインの場合はこちらの窓がおすすめです。
 
こちらは窓のサイズや形で与える印象を変えられます。
 
最後に、船舶窓です。
こちらは三角屋根のすぐ下に作られた小さな窓です。
窓の形は、屋根に合わせた三角の物が多く小さいので可愛いと評判です。
屋根裏部屋の換気をしたり、家の中の空気を逃がしたりなど大きな役割も果たしてくれます。
フレームのデザインで和風になったり、洋風になったりするのでデザイン性も豊富です。
 

□まとめ

 
窓には沢山の種類があり、役割も沢山あります。
まずは自分の家をどのような家にしたいのかよく考え、窓の役割を決めましょう。
その上で、豊富なデザインの中からどの窓にするのか選びましょう。
そうすることで、あなたの新しい毎日がより一層快適なものになります。
興味をもたれた方は、是非イング建築設計へご連絡下さい。

ご閲覧ありがとうございます。
他にも面白い記事を用意しておりますので、是非御覧ください。

← ブログTOPへ戻る
2022年9月9日 投稿|     

ご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00
(水曜・祝日定休)

資金計画の相談を
ご検討されている方へ

ご検討中の土地に
プランをご希望される方へ

まずは施工事例を
参考にされたい方へ

ご自宅から
ご相談されたい方へ

SNSからお披露目会のおしらせ、
家づくりのご相談も受け付けています

ショールームのご案内

イング建築設計 小松店

〒923-0851
石川県小松市北浅井町り157

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)

イング建築設計 金沢店

〒920-0054
石川県金沢市若宮2丁目14番地

受付時間 9:00~18:00
(定休日:水曜・祝日・夏期・年末年始・GW)