新築 光と木の温もりに包まれる家

  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家
  • 光と木の温もりに包まれる家

(K邸)

(K邸)

STORY

  • 光と木の温もりに包まれる家

    都会的な雰囲気を醸し出すガルバリウムの外観

    「自然派デザインの家」と聞いたとき、ナチュラルなデザインやシンプルな家を想像する人は多いのではないだろうか。
    しかし、高級感のあるガルバリウム鋼板を外壁に使用すれば、都会的な雰囲気の住宅に仕上げることができるのは見ての通りだ。
    ガルバリウムは非常に耐久性が高いため、メンテナンスの手間がかからないというメリットもある。

    塗れる色の幅も広いため、特徴的な色を使ってオリジナリティを追い求めることも可能だが、
    こちらの住宅では、木材とのバランスを考えてダークトーンで塗装した。
    玄関や2階の窓といった開口部に木材を使うことで、直接触れる部分には木材の温もりを感じられるようにしているのもポイントだ。
    住まいの耐久性やモダンなデザインに興味がある人は、ぜひガルバリウム鋼板の利用を検討したい。

  • 光と木の温もりに包まれる家

    やさしい光に包まれるリビング

    都会的な外観とはうってかわって、内装は木の温もりと光の取り込み方にこだわっている。
    もっとも家族で過ごす時間の長いリビングは、日中窓から十分な光を確保できるように、採光と通風を兼ねた窓を複数設置。
    ただし、注文住宅同士が密集する住宅街では、大きな窓を置くとリビングが外から丸見えになってしまうという問題がある。
    そこで、プライバシーと明かりの問題に対処できるように、リビングにあるもっとも大きな窓の外に目隠しを作って小さな空間を用意した。
    リビングの窓が隣家の日陰にならないように引っ込んでいるため、住宅密集地でも気兼ねなくカーテンを開けて昼の光を取り込めるだろう。
    また、リビング・ダイニング・キッチンを仕切りや壁で区切らずにつなげることで、空間的な奥行きや広さも確保している。

  • 光と木の温もりに包まれる家

    木目調に統一したオリジナルキッチン

    注文住宅を建てる際、キッチンにこだわりを持つ方は多い。
    仕様の自由度が高い注文住宅のキッチンは、住宅によってそれぞれこだわりポイントが大きく異なるものだ。

    この住まいでは、シンプルな仕様と統一感のあるデザインに力を入れた。
    たくさんの洗い物を置いても邪魔にならない奥行きのあるシンクと作業台、コンロを一直線に並べるオープンキッチンは、料理をしながら家族と話をしたり、リビングで遊ぶ子どもたちの様子を確認しながら家事をすませたりするといった状況でも便利だろう。
    また、キッチン全体を木目調で統一している。
    すべて同じ色にするとデザインに面白みがなくなってしまうので、同じ木目調でも色のトーンを変えたり、背面の壁に同系色のレンガ風壁紙を採用したりと、単調にならないように工夫しているのがポイントだ。

  • 光と木の温もりに包まれる家

    工夫の詰まった小上がりの畳スペース

    リビング・ダイニングの一部には、小上がりのたたみスペースも用意した。
    扉を閉めれば客室として使えるため、友人や家族を招いたときに活躍してくれるだろう。
    引き戸を開け放っておけば、子どもたちの遊び場や家族のお昼寝スペースとしても利用できる。
    なお、畳スペースには押入れ風の収納や、小物やかばん等を入れておくのに最適なオープンタイプの収納も完備。
    小上がり部分は引き出し式の収納になっているため、リビングで使うちょっとした消耗品や子どもたちのおもちゃ等を収納しておくことも可能だ。

  • 光と木の温もりに包まれる家

    勉強も読書も楽しめる造作家具

    注文住宅では、住宅の間取りに合わせたオーダーメイドの造作家具も作れる。
    壁付けタイプの造作机は、ひとつあると勉強や読書、仕事などに使える万能のスペースだ。
    また、室内の間仕切りの一部をくり抜いて小さな収納を作ったり、デッドスペースになりやすい机の上にも収納棚をつけたりするなど、限られた空間を最大限に利用する工夫も施している。

ページトップへ