石川県で注文住宅を建てる方へ!控除すれば税金は安い?申請方法もお伝えします!

投稿日:2019年04月27日

注文住宅を購入する際は、費用を心配する方も多いですが、その中でも税金について考えている方は少ないかと思います。

しかし、税金は長期で見ると、結構な額となるので、できるなら安くしたいですよね。

そこで今回は、石川県在住の方に向けて、注文住宅を建てた際に税金を安くする方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

□住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、住宅借入金等特別控除ともいい、石川県においても一定条件を満たすと受けることができる減税政策のことです。

税金が安くなるこの政策は、新しく住宅をローンを組んで購入する際に、住宅を購入した人の金利負担をできるだけ軽くしようとして考えられた政策です。

 

□住宅ローン減税を受けるとどうなる?

住宅ローン減税が受けられる条件を満たすと、新しい住宅に入居した日から税金の所得税が10年間にわたって控除されます。

控除される金額の上限は、長期優良住宅では4000万円、低炭素住宅では500万円となっています。

もし、所得税では税金が控除しきれない場合は、住民税から控除が受けられます。

 

□住宅ローン減税を受ける条件

減税を受けるには、いくつかの条件があります。

*住宅が完成し、所有した時から6カ月以内に入居し、その後も住み続けること

*入居を始めた年と前後の2年間に譲渡所得の課税特例を受けていないこと

*控除を受ける年の所得が3000万円に満たないこと

*ローン返済の期間が10年を超えていること

*床面積が50平方メートル以上であること

住宅ローン減税を受ける際は、上記の条件をすべて満たしている必要があります。

 

□減税を申請するには?

減税政策で税金を安くしてもらうには、申請をする必要があります。

減税を受ける初年度は、税務署から送られる「給与所得者の住宅借入金等特別控除申請書」、記入機関から送られてくる「住宅所得資金に係る借入金等特別控除の年末残高証明書」を税務署の担当部署に提出することによって申請が完了します。

給料所得者は、2年目以降は年末調整で控除を受けることができます。

 

□住宅ローン減税を過去に受けていた場合

過去に税金控除で税金を安くしてもらっていた場合でも、入居を始める前後の2年間に特別控除などを受けていない場合は、再びローン減税を申請することができます。

一度この制度を利用したことがあったとしても、この条件に当てはまる場合は、安心して再び申請を行いましょう。

 

□まとめ

今回は、主に石川県の方に向けて、注文住宅を購入する際に、税金を安くするための住宅ローン減税について詳しく見てきました。

住宅ローン減税について、ご不明な点がございましたら、石川県小松市で営業しております株式会社イングまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

2019年4月27日 投稿|     
ページトップへ